エルネア王国 〜おうちメモ

「ワールドネバーランド エルネア王国の日々」のほのぼのライフを記録しています。

エルネア杯開幕

3日

f:id:denosjours:20180526115910j:plain
今日は、ついに運命の誕生日です!

横になっている姿から推測するに、眉と目はクレオル似、髪の色と口はイヴォンヌさん似のようです。

f:id:denosjours:20180526120021j:plain
3人で朝食を取り……


f:id:denosjours:20180526120054j:plain
待ち切れずに確認(笑)

あー……

残念ながら、狙っていた26、28にはなりませんでした(涙)やっぱり、同じ系統内でも親族と同じパーツになりやすいんでしょうかね……リーゼの眉と目はおじいちゃんと同じです。初代PCの3人目の娘も同じ目でした。私的に見慣れた目なので、違うパーツが良かったんですけどね。綺麗な顔立ちで悪くはないんですが、「5代目は可愛い系が良い!」って思ってたのでショックでした(泣)

リーゼの顔発覚後プレイする気が失せてしまい、リアル時間で半年ほど放置してしまいました(苦笑)

f:id:denosjours:20180526171446j:plain
その後は、サブ国プレイ日記で書いた通り、中の人の理想を詰め込んだレライエが誕生する事になります(笑)

f:id:denosjours:20180526120223j:plain
リーゼに誘われて水源の滝に行きました。だいたいの子供は、最初にお小遣いを強請ってくるのでこの申し出は嬉しかったです。

f:id:denosjours:20180526120259j:plain
リアルと違って1年でここまで成長して羨ましい!


f:id:denosjours:20180526120346j:plain
f:id:denosjours:20180526120413j:plain
何とか可愛くしたくて思考錯誤……タイプ10は凛々しい眉毛が隠れるから、ちょっと可愛くなるね。9は眉毛は隠れないけど似合ってる。

f:id:denosjours:20180526170801j:plain
f:id:denosjours:20180526170835j:plain
成人するとこんな感じになるみたい。10だと、大人になった時眉毛が少しだけ髪から覗いてるのがなぁー…う〜ん……


f:id:denosjours:20180526171033j:plain

「サビーヌちゃん!頑張って!」

リーゼの顔の事ばかり取り上げていましたが、今夜はサビーヌちゃんが出産します。呼ばれてもないのに、またしても立会いました。

f:id:denosjours:20180526171125j:plain
モイラさんに続き、生まれたのは男の子でした。大きな黒目なので、クレオルと同じ6系目ですね。つまり旦那さんのファニート君と同じです。

f:id:denosjours:20180526171154j:plain
名前はエルマンくん。モイラさんの息子ビセンテ君と同じでとても良い性格です。

f:id:denosjours:20180526171253j:plain
帰宅後、将来の夢を聞いてみました。リーゼは巫女さんになりたいようですね。やはり厳格な性格なだけに、神職とか気になるのかな?

4日

f:id:denosjours:20170623135101g:plain

f:id:denosjours:20180526221101j:plain
新たに、いとこのタマラちゃんと友人のアイオンさんが結婚する事が分かりました!

221年も式の予約でびっしり埋まっています。PCが結婚しないとすぐに式を挙げられない仕様なので、予約は取り合いかもしれませんね。

5日

f:id:denosjours:20170623135101g:plain

f:id:denosjours:20180607120947j:plain
今日は、エルネア杯の開会式です!皆が制服で整列する中、場違いな衣装を着たクレオルは一際目立ってしまっています。

f:id:denosjours:20180607130136j:plain
静かな闘技場にアリツ国王の声だけが響きます。

平和で戦争があった事なんて嘘のように感じるエルネア王国ですが、遥か昔、アベンの門が開き沢山の犠牲者が出たそうです。

f:id:denosjours:20180607133239j:plain
国王が呼び掛けます。

f:id:denosjours:20180607133505j:plain
闘技場に響く一声に、戦士達の決意みなぎる雄叫びがこだまします。

「(後ろからお母さんの視線を感じる……)」

戦士達の熱気で会場が盛り上がっている中、クレオルは斜め後ろから視線を感じました。後ろを振り返る勇気はありません。振り返らずとも母の言いたい事は痛いほど分かります。

「(全然、集中出来ないっ!!)」

何故、こんな服装で参加してしまったんだ……

思った以上に闘技場の雰囲気は重々しく、どう考えても自分の格好がこの場に合っていない事が分かります。

「(トホホホ……)」

母ニキと父アリツ以外、クレオルの服装なんて誰も気にしていないでしょう。それでも皆が決意を固めている中、場違いなクレオルはなるべく人の目に止まらぬよう前の人の背後で息を潜めます。

「(もうすぐ、もうすぐ終わる!!)」

第1試合が始まっても上の空です(笑)

「(ふぅ〜……やっと終わった……)」

安心したのも束の間……


f:id:denosjours:20180607155030j:plain
クレオル君……その服はどうしたのかしら?」
「げっ!お母さん」

今度は母ニキのお説教タイムが始まったとか(笑)