エルネア王国 〜おうちメモ

「ワールドネバーランド エルネア王国の日々」のほのぼのライフを記録しています。

花嫁候補達の結婚

f:id:denosjours:20180313122807j:plain

クレオル君、それで結婚式に参加するつもり?」

イヴォンヌさんに誘われて浴場に浸かりに行きました。

f:id:denosjours:20180313122311j:plain

「あんまりじろじろ見ないでよ///」
「え〜、減るもんじゃないし〜」

都合の良い事にお風呂は貸切状態でした。この状態で見るなというのは無理でしょう(笑)

「うちにもお風呂欲しいな〜」
「どうして?お湯ためたり、沸かしたり、色々大変よ?」
「だって、ここじゃ、あんまりベタベタ出来ないし!」

どこの旦那さんもこの台詞に力がこもってそうです(笑)奥さんの水着姿はお風呂場でしか見る事が出来ませんからね。

f:id:denosjours:20180313122414j:plain
極め付けはこの台詞!!!

f:id:denosjours:20180313122518j:plain イヴォンヌさんもその気になってるし、これはもう俄然帰るしかないでしょう(笑)

f:id:denosjours:20180313122607j:plain

「調子に乗らないの。結婚式……行くんだよね?」
「はい……そうです」

いちゃいちゃはお預けです(笑)

「じゃあ、私先に帰ってるから…」
「えっ!一緒に帰ろうよ」

f:id:denosjours:20180313124336j:plain
デートは現地解散が原則ですが、寂しいので一緒に帰宅。


お昼からモイラさんの結婚式に参加しました。


f:id:denosjours:20180313124014j:plain

「(モイラさん……やっぱり綺麗だなぁ)」

クレオルにとっても、中の人にとっても嫁候補1位だったモイラさんの結婚はやはり寂しかったり、悔しかったり……

幼い頃から優しくしてくれたお姉ちゃんに対して、気付いてないだけで淡い恋心を抱いていた時期もあったんじゃないでしょうか。

でも、許す!個人的にモイラさんの旦那さんが中の人の好みなので(笑)

モイラさん!幸せになってね!


結婚式も終わり、畑の世話をしていると……


f:id:denosjours:20180313125624j:plain
父アリツが話しかけて来ました。

「お父さん、お久しぶりです」
「ああ。ちょっと出掛けないか?」

f:id:denosjours:20180313130010j:plain
父に連れられて、人気のない農場へ……


「お前、結婚したのに今も女性と仲良くしているのか?懲りずに、小さな子供にまで声を掛けているそうだな。しかも、最近は男も……」
「えぇ〜っ!?誤解ですよ!!!」

父はクレオルがモイラさんの結婚式に参加していた事を知り、声をかけてきたのかもしれません(笑)その他の近況も、小さな国なのですぐに耳に入りそうです。

f:id:denosjours:20170623135034g:plain

8日

f:id:denosjours:20180313131934j:plain
すっかり忘れていましたが、今年の出店資格をもらっていました!

売るものは、温室で採った蜂蜜もありますが、メインはヴォルゴの森で大量に拾った「プリン」です(笑)

f:id:denosjours:20180313132617j:plain
売れ行きはなかなか好調!

f:id:denosjours:20180313132718j:plain
ジャックくんが、お店の前をウロウロしたり、プリンをじーっと見つめたりして必死にアピールしていました(笑)

f:id:denosjours:20180313132946j:plain
耐え切れずにあげるととても喜んでくれました(笑)


お昼からは、サビーヌちゃんの結婚式です!

父アリツから注意されたり、サビーヌちゃんから拒否されましたが、クレオルは懲りずに幼馴染の結婚式に侵入しました(笑)

f:id:denosjours:20180313133631j:plain
ドレスがとても似合ってます╰(´︶`)╯♡

2日続けて綺麗な人を見て、中の人の目は幸せ過ぎます♡

「サビーヌちゃん、幸せになってねー!!」

クレオルは叫んでいたでしょうが…

f:id:denosjours:20180313134129j:plain
f:id:denosjours:20180313134141j:plain
やはり、招かれざる客だったのかその声はサビーヌちゃんに届く事はありませんでした。

「(それでも良いさ……)」

“サビーヌちゃんの幸せな姿を見届けたい”

それはクレオルのわがままです。それにサビーヌちゃんがクレオルに気付けば、幸せなムードを壊してしまうかもしれません。

「サビーヌちゃん、ファニート君と仲良くね……」

不器用な幼馴染がずっと幸せでいられますように……


そう願いを込めた言葉を呟くと、皆が盛り上がっている間にクレオルはそっと神殿を後にしました。





モイラさん、サビーヌちゃん。2人とも末永くお幸せにね。゚(゚´∀`゚)゚。