エルネア王国 〜おうちメモ

「ワールドネバーランド エルネア王国の日々」のほのぼのライフを記録しています。

一族の系譜

27日

f:id:denosjours:20180307190421j:plain
毛刈りをしていると、何故かモフが近寄ってきてもふもふされます。

f:id:denosjours:20180307223008j:plain
動物に人気のようですし、そのせいでしょうかね?それとも、可愛い物好きのクレオルが、餌付けしてるのかしら?(笑)

f:id:denosjours:20180308160035j:plain
さて、父アリツには弟が2人おります。3人兄弟の末っ子が、昨日ヴィッキーさんと結婚したジェレミー叔父さん。そして、真ん中にギデオン叔父さんがいます。ギデオン叔父さんは、父より2つ年下で、クレオルより3歳年下の男の子と去年誕生した男の子がいます。その男の子、イネスくんのお顔が今年の3日に分かったのですが、すっかり忘れておりました(^^;

f:id:denosjours:20180308160259j:plain
クレオルと色違いの真ん丸おめめでした♡

しかし、不思議なのはこの6系目です。ジェイソン国をプレイしてる方なら分かると思いますが、初代のジェイソン国王は2系目、2代目のメル国王も2系目…王配のセヴランさんは3系目…なのに、何故か2人から生まれた3代目ウェズ国王は6系目でした!!!( ゚д゚)いわゆる突然変異というヤツでしょうか。

突然変異とは言え、それから6系目はじわじわと浸透し、3代目〜5代目の国王は皆6系目になりました(笑)王の直系の子供も3人居れば、2人が6系になるという高確率!今やブフナー家では、最もポピュラーな顔つきに(笑)

f:id:denosjours:20180308162657j:plain 元お嫁さん候補の一人だった、ノエルちゃんに誘われハーブ採りに行きました。

f:id:denosjours:20180308162745j:plain
仲良くハーブを採っていると、近付いてくる男性が…

f:id:denosjours:20180308162948j:plain
何か話している様子。

「(この旅人さん、もしかしてノエルちゃんに気があるのかな?)」

2人が話しているのをクレオルは、内心ニヤニヤしながら見つめていました。

「(どんな人かな?素敵な人だったら、ノエルちゃんのお婿さんにどうかな?)」

なんて、おせっかいなおばさんのような事を考えながら、確認してみると……


f:id:denosjours:20180308163224j:plain
なんと15歳。お父さんほどの年齢の方でした。

「殿下の特権で、帰化は拒否します!うちの、ノエルちゃんに近付かないで下さい!」

自分の事は棚に上げて、全力でロリコン拒否するクレオル(笑)彼に言わせれば、自分は害の無いロリコンなんでしょう。

f:id:denosjours:20180308164835j:plain

「ありがとう、殿下。あの人しつこくて…」

そんなやり取りがあったのかは分かりませんが、ノエルちゃんは、そっと花束を置いて帰っていきました。

f:id:denosjours:20180308165211j:plain
イヴォンヌさんが嬉しそうに報告してくれました。出産予定日まで後7日です。赤ちゃんもかなり大きくなった頃でしょう。

若干、会話が噛み合っていないようにも思えますが(笑)

「早く出たいからか、寝相が悪いからじゃない?」

クレオルは蹴ってる理由を真面目に分析していますが、イヴォンヌさんはクレオルの返事なんて耳に入っていない様子(笑)これが、女と男の子供に対する温度差でしょうか?

f:id:denosjours:20170623135034g:plain

28日

f:id:denosjours:20180308170840j:plain
温室の蜂蜜を収穫しに行くと、妹のシェアーが玉座の前に立っているのを目撃しました。

「シェアーさん…絶対、座ってたよね?」
「クス、それはどうかしら?王女の私が、そんなはしたない事すると思って?」

いや、座っただろう(笑)その椅子は、エルネア国民なら一度は必ず座りたくなる呪いの椅子なんだよ(笑)

年末年始には椅子に座っている王様じゃない方を良くお見かけします(笑)

f:id:denosjours:20180308172046j:plain
f:id:denosjours:20180308172100j:plain
温室から農地に移動し、世話をしていると今度は奥さんから手料理と女友達からお酒を貰いました。


f:id:denosjours:20180308172621j:plain
畑仕事を終わらせてから、ウィアラさんの酒場で一杯ひっかけてきました(笑)