エルネア王国 〜おうちメモ

「ワールドネバーランド エルネア王国の日々」のほのぼのライフを記録しています。

甘い新生活

クレオル達の新居は『城下C区5の屋敷』になりました。まだ若いのにお屋敷とは…

f:id:denosjours:20170811151339p:plain
2階もあります。

f:id:denosjours:20170811151406p:plain
新婚の2人が住むには少し広い気もします。

初代、3代目の新居は一階建ての平屋だった気がするんですが…(2代目は、初代の購入した邸宅に同居しました)

f:id:denosjours:20170811151850p:plain
外にはこんな石像まであります。これは戦いの女神様かしら?

何はともあれ、今日からイヴォンヌさんとの新婚生活が始まります。

f:id:denosjours:20170811152247p:plain
予想通り王族服すごく似合う(о´∀`о)

「何だか恥ずかしいわ…///」
「すーーっごく、似合ってるよ」(デレデレ)
クレオル君、すごくいやらしい顔してる……」
「えっ!?…いや、そんな事は……」

クレオルは、下心ありありなのがバレて思わず鼻の下を隠した事でしょう(笑)

新婚さんは、当事者以外から見ると何しても恥ずかしいですな(〃ω〃)ポッ♡

f:id:denosjours:20170623135101g:plain

5日

f:id:denosjours:20180305160448j:plain
今日は麦の収穫日です。新婚気分に浸っていたい所ですが、農場員であるクレオルは馬車馬のように働きます!何てったって、もう一家の大黒柱ですから!

結婚して初めて迎える朝ですが、隣にイヴォンヌさんはいません。下心ありありなのがバレて、距離を取られていたのかもしれません(笑)

f:id:denosjours:20180305160655j:plain

「おはよう、クレオル君」
「おはよう、イヴォンヌさん…朝ごはん作ってくれてたんだね…」
「奥さんなんだから、当たり前でしょ?///」
「ありがとう……照れちゃって可愛いなぁ
クレオル君、またいやらしい顔してる!」
「えっ!?いやいや!そんな事ないよ!」

でも、隣にいなかったのは早起きして朝ご飯作ってくれていたからだという事にしておきます(笑)

クレオルは、初めて農場員として迎える収穫日に悪戦苦闘しています。

f:id:denosjours:20180305162156j:plain
あっちにうろうろ、こっちにうろうろ。テーブルに置かれた麦を中々収穫する事が出来ません。プレイヤー自身も、農管は初代以来なので色々忘れてます(苦笑)

……おっ!あっちにギート麦発見!

f:id:denosjours:20180305162506j:plain
しかし、気付いたのはクレオルだけではなかったようです。既に麦はドゥイリオさんとモリィさんの奪い合いに…アントンさんも負けずに距離を詰めて来ます。

f:id:denosjours:20180305162802j:plain
新人農管のクレオルは呆然と立ち尽くす事しか出来ませんでした(笑)

「甘いな…新人…」

すれ違ったモリィさんからそんな言葉が聞こえてきそうです。

もう、収穫日じゃなくて「争奪日」で良くない?

f:id:denosjours:20180305164725j:plain
この日の晩は2人とも疲れて爆睡……

f:id:denosjours:20180305164815j:plain
…のはずが、結婚しても王太子のブランドとモテ王の称号は廃れてないのか、モイラさんとマルリスちゃんがやってきました。寝ぼけ過ぎてクレオル、ベッド突き破って起立してるし(笑)

それにしても、新婚夫婦の寝室に堂々と入ってきてよくそんな台詞言えるね…モイラさん(さすが好奇心旺盛!)何してたって、愛を育んでいたに決まってるでしょ!

f:id:denosjours:20180305165213j:plain

デリカシーない人達には寝たふりさ!

f:id:denosjours:20170623135101g:plain

8日

f:id:denosjours:20180305215554j:plain
結婚して初めての休日ですが、クレオルは去年エナの子に選ばれていたのでお祈りに参加。

f:id:denosjours:20180305215625j:plain
国王の父と、騎士団長の母に見守られながらしっかりとモテ王のお勤めを果たしてきました。(ゴマすってるようにも見えますね(笑))

f:id:denosjours:20180305220257j:plain
イヴォンヌさんと仲良く山菜採りデート♡きっと今日の夕飯に使うんでしょう(^^)

親友のジョフレ君に頼まれ事をされました。何かと思いきや…

f:id:denosjours:20180307112400j:plain

つまり、奢れという事ですな。

「分かったよ。私が、マトラ定食を買ってくるからジョフレ君は待ってて」(にっこり)
「いや〜話の分かる親友を持って、オレは幸せだよ。じゃあ…よろしくな」(肩ポン)

天然お坊っちゃまなクレオルは、利用されているとは考えないでしょう(笑)

f:id:denosjours:20180305221814j:plain
ウィアラさんから2人分のマトラ定食を購入。

「ん〜!やっぱり収穫祭はウィアラさんの酒場でマトラ定食を食べなきゃね」

ジョフレ君、空気が読めないクレオルに頼んだのは運の尽きだね。毎年続けてる日課のようなものなので、届けるより先に定食を頂いちゃいましたよ。

f:id:denosjours:20180305222540j:plain
何とか8日中に届けましたが…

お腹壊したらごめんね、ジョフレ君…