おうちMEMO

エルネア王国+ α でまったりスローライフ。そんな日々を記録しています。

永遠の愛を君に誓う

4日

とうとう、クレオルとイヴォンヌさんの結婚式がやってきました!

「(ついに…今日は結婚式、だっ!)」

f:id:denosjours:20170726141752j:plain 式はお昼からですが、家族や友人に結婚式の事を言われる度、緊張が増してきます。また、両親にお世話になるのも今日が最後です。

「お父さん、お母さん…今日まで本当にありがとう…」
「すっかり立派になって…嬉しいよ…」

一言で片付けられないほど色々な事がありました…


f:id:denosjours:20170726152449j:plain

そんな中でも、両親はクレオルを大切に育ててくれました。

次はクレオルが、愛するイヴォンヌさんを、そして家族皆を守っていく番です。

f:id:denosjours:20170726155500p:plain

「(お母さんの手料理も、今日で最後か…)」

寂しそうに呟く母の言葉を聞きながら、クレオルはテーブルに並ぶ料理を眺めました。

「結婚おめでとう!」

しんみりとした空気を払拭するように、父が明るい声で言います。

クレオル君、おめでとう!」
「伯父さん…ありがとう」

父の一声を皮切りに、クレオルの結婚前祝いが始まります。

f:id:denosjours:20170726160647j:plain

「けっこん♪けっこん♪けっこんしき♪美味しいケーキが一杯♪」
「おヨメさん、キレイだろうなぁ…いいな、私も着たいな…ドレス」

弟達は結婚式というのが、まだ良く分かってなさそうです。

「シェアー、お前にはまだ早いだろ」
「まぁ、アリツさんったら…」

お父さんはシェアーちゃんの発言に、もう娘を嫁にやる日を想像してそうです(笑)

f:id:denosjours:20170726165358p:plain

「ちょっと緊張がほぐれたよ…」

いつも通りの家族のやり取りに、クレオルは自然と笑顔になっていました。

「何を言っているのクレオル君。今日は、あなたとイヴォンヌちゃんが主役なんだから、思い切り楽しまなくちゃ」
「楽しむ?」
「そうよ。ドレスを着たイヴォンヌちゃん、とても綺麗だと思うわよ」
「ドレス!私も着るー!」
「綺麗なお洋服を着せてやるから、ドレスは止めておきなさい」
「え〜」
「ママ〜、にいちゃんのタルト、僕も欲しいー!」
「ダメよ。後でケーキ食べられなくなっちゃうから今は我慢しなさい」
「え〜」

お父さんは、ともかくシェアーちゃんにドレスを着せたくなさそうです(笑)弟のカインは兄貴の前にだけ置かれてるタルトが気になるお年頃(笑)

「ありがとう…皆のおかげで楽しみになってきたよ…」

まるで余興のような家族のやり取りに、クレオルは目を細めました。

楽しい式になりそうです。

結婚式はお昼からなので、いつものように畑仕事をしました。式が終われば、この畑ともお別れです。

「おはよう」
「おはよう、イヴォンヌさん」

何故でしょう。いつも顔を合わせているのに、今日だけはいつもと違うように感じます。

f:id:denosjours:20170727103552p:plain

「今日もクレオル君と会えて嬉しいよ♪」

そう言って笑ったイヴォンヌさんの顔は、朝日に照らされてキラキラと輝いています。

「私も…結婚式が待ち遠しいな……」

眩しい笑顔に、思わず本音がこぼれます。

「私も……大好きだよ」

イヴォンヌさんは、自然とクレオルの首に腕を回すと、その唇にキスをしました。

「今日は積極的なんだね」
「そんな事、言わないの」
「はいはい」

2人は顔を見合わせると、幸せそうに笑いました。


f:id:denosjours:20170727112329p:plain
昼一刻。いよいよ結婚式が始まります。

「それでは、これより神々の御前にて、結婚の儀式を執り行います。2人とも祭壇の前へ…」

神官に促されて、2人は祭壇の前へと進み出ます。

「汝、新郎クレオル、妻と互いに寄り添い、永遠の支えであると誓いますか」
「誓います」
「汝、新婦イヴォンヌ…」
「誓います…」

f:id:denosjours:20170727133317j:plain
f:id:denosjours:20170727134522j:plain
美しく着飾ったイヴォンヌさんと、祝福してくれる家族や友人。美味しい料理に皆の笑顔。

まるで夢でも見ているような楽しい一時でした。


結婚式が終わった後は…

f:id:denosjours:20170727135029p:plain
f:id:denosjours:20170727135229p:plain
親友のジョフレくんと二次会をしました。


f:id:denosjours:20170727135811j:plain
そして、結婚祝いももらいました。

f:id:denosjours:20170727140110p:plain 幸せいっぱいなクレオルは、親戚や友人達にノロケまくり、幸せを撒き散らしてきました(笑)

エルネアにはブーケトスがないですが、その代わりに、彼等のノロケを聞いた中から新たなカップルが誕生してくれると嬉しいです。