おうちMEMO

エルネア王国+ α でまったりスローライフ。そんな日々を記録しています。

家族

219年1日

f:id:denosjours:20170711211113p:plain 新しい年になりました。今日はクレオルの誕生日です。

「来年こそは、魔銃兵になるぞ!」

新年の目標兼7歳の目標は、『魔銃師会』の一員に加わる事です。

f:id:denosjours:20170711211202p:plain 王国の繁栄のためにも、しっかり鍛え、モンスターを一掃出来る魔銃師にならなくてはっ!

そして、今日は成人式…そうです。元お嫁さん候補とは言え、一度はお嫁さんとして考えていた女の子達が成人する日です。可愛い子好きなクレオルは、こっそり成人式に紛れ込みました。

f:id:denosjours:20170711212343p:plain
f:id:denosjours:20170712100709p:plain

成人後、彼女達から話し掛けられる事はありませんでしたが、ひっそりストーカー(笑)

上のスクショがタマラちゃん。下がノエルちゃんです。2人とも可愛いんですが、もっと可愛さを引き出せる髪型がありそう…。

美容師クレオルの出番です!

f:id:denosjours:20170711213011p:plain

目を開けるとこんな感じ↓

f:id:denosjours:20170711214235p:plain

f:id:denosjours:20170711213032p:plain

2人とも、とてもクレオル好みに可愛くなりました(´∀`)vV

f:id:denosjours:20170623135101g:plain


2日

f:id:denosjours:20170712101159p:plain
魔銃師を目指しているクレオルですが、昨年は畑と温室の世話を頑張っていたので『農場管理官』になりました。

f:id:denosjours:20170712102359j:plain
イヴォンヌさんのお母さん、リアーヌさんとも一緒です。ちなみにリアーヌさんは、2代目時代男だったら結婚したかった女の子です♡お歳は召しましたが、可愛かろ?(´∇`)vV

f:id:denosjours:20170712102841p:plain
農場の仕事は、ラダのう◯こ掃除や、乳搾り、チーズへの加工等々…けっこうハードな内容です。

本意ではありませんが、立派な国王になるために、農場の仕事も頑張ります!

今日は、いとこの1歳の誕生日。

どんなお顔になるかな…

f:id:denosjours:20170712104242p:plain

おぉ〜♡

義叔母アンヌさん似の美人♡叔父に似なくて良かった…

ちなみに、叔父アーサーは2代目パティの 3人目の子供で長男です。唯一、パティ似の2系目でした。パティ似なのは良いんですが、初代ロッテの次女ララと同じ10目でした。組み合わせによっては格好良いんですが、この目にこの口だと目付きの悪い猫みたい(^^;…↓

f:id:denosjours:20170715231128p:plain
エルネア始めて以来、初の男の子だったので、産まれた時は興奮しました!男の子がプレイしたかったので、好みの顔だったら引き継ぎ予定でしたが…うぅ…

でも、こんな可愛い子とf:id:denosjours:20170715232121j:plain結婚してくれたので良しとします♡

ちなみに、叔父アーサーのお嫁さんは、イヴォンヌさんf:id:denosjours:20170613160038j:plainのお姉さんでもあります(^^)

f:id:denosjours:20170715233517j:plain
※以前のプレイ日記「2人だけの世界」より抜粋
こんなに、可愛い妹達だとランバートさんがシスコンになるのも頷ける気がしますね(笑)

f:id:denosjours:20170623135034g:plain


3日

ついに、明日は結婚式です!

f:id:denosjours:20170717200022j:plain
朝から落ち着かないクレオルは、家族に宥められました。

そして、イヴォンヌさんに誘われて恋人時代最後の釣りデートに行きました♡

f:id:denosjours:20170717200517p:plain

「イヴォンヌさん、ついに明日は結婚式だね…(ポッ)」
大丈夫…大丈夫だから…気にしちゃダメよ…(ブツブツ)
「イヴォンヌさん?」

一心不乱に釣竿を振るイヴォンヌさんが、邪念を払っているように見えました(笑)落ち着かないのは、クレオルだけではないようです。

f:id:denosjours:20170717235620p:plain
ジョフレ君にも結婚式の話題を振られました。

「殿下、明日はついに結婚式だな!」
「そうなんだよね、でも何だかまだ実感が湧かないんだ…」
「大丈夫だって。そんなの、明日になれば嫌でも湧くよ」
「だったら良いけど…」
「明日、楽しみにしてるからなっ!」
「うん…ありがとう…」

そんな会話を親友と交わして、クレオルは帰路に就きました。

「「おかえり」」
「ただいま」

家族と何気無い会話を交わします。これも今日で最後だと思うと、少し寂しくなってきます。明日には、自分の荷物は全て持ち出して、新しい家で、愛する人と新たな生活が始まるのです。

「た、楽しみだな…!」

明日からイヴォンヌさんと一緒に暮らすのか…

そう思うとクレオルは、寂しさよりも嬉しさに包まれるのでした。