おうちMEMO

エルネア王国+ α でまったりスローライフ。そんな日々を記録しています。

春が来た

f:id:denosjours:20170613115912p:plain
カップル成立した後の台詞なんですが、学生時代と対応が違い過ぎて、とてつもなく違和感を感じます(^^;仲良くなるには相性だけじゃなくて、年齢差も関係あるんでしょうかね?2歳上ってリアルだと4~6歳差ですもんね。今まで、年下か同級生としか付き合った事がないのでとても新鮮です(^_^)

14日

f:id:denosjours:20170613134648p:plain
父アリツと釣りに行きました。

クレオル…最近恋人が出来たそうだな」
「うん、実はそうなんだ。」
「こないだ、おばあさんが亡くなったばかりだというのに…」
「不謹慎な事は分かってる…でも、私は本気だから」
「そうか…お前がそこまで言い切るという事は、よっぽどなんだな」

昨日イヴォンヌさんから告白され、クレオルは、やっと自分の気持ちを自覚しました。

「お父さん、それってどういう事?」
クレオルは白黒ハッキリしない所があるからな…」
「酷っ…」

不貞腐れたクレオルの顔を見て父は笑いました。

「何で笑うんだよ…」
「何でもないよ」

そう言いながらも、やはり父の口元は楽しそうに笑っています。クレオルにはその理由が分かりませんでした。父はきっと、子供っぽさを残す息子の姿を見て安心したのでしょう。彼が大人に近付こうと、無理に背伸びをしているのは誰から見ても明白でした。

f:id:denosjours:20170613120026j:plain「殿下、口に合うかは分からないけど、良かったら食べて」
f:id:denosjours:20170613120047j:plain「ありがとう」

f:id:denosjours:20170613134742p:plain
そう言ってモイラさんから紅白のマカボカをもらいました。ワ国で年の初めに作られるマカボカを14日にくれるとは…これは、最近作ったもの?それとも…(怖いので考えないようにしよう(^^;)

f:id:denosjours:20170613134813j:plainf:id:denosjours:20170613134831j:plain「じー…」

その光景をイヴォンヌさんとサビーヌちゃんが見ていました。

f:id:denosjours:20170613120224j:plainクレオル…2人でどっか行かない?」

めげずに(?)サビーヌちゃんが、デートに誘ってきます。

さらに、f:id:denosjours:20170613120238j:plainマルリスちゃんに探索に誘われました。

今までのNPC達は、自分(NPC)やPCに恋人が出来たら、会いに来なくなっていたのでちょっとびっくりしています。というか、クレオルは男って意識されてないんじゃない?(笑)元オネエだし、本当に純粋に友達になりたかっただけだったりして(笑)

15日

f:id:denosjours:20170613120311p:plain
付き合い始めて3日目。すっかり気持ちが昂ぶっているクレオルはこんなくさい台詞をっ!でもこの反応(笑)やっぱりイヴォンヌさんだ。調子に乗ってごめんなさい(>_<)

f:id:denosjours:20170613120346p:plain
その後、イヴォンヌさんにデートに誘われました。相変わらずガンガン攻めてきます(笑)

f:id:denosjours:20170613134920j:plain「2人でどこか行かない?」

そして、今日もサビーヌちゃんにデートに誘われました。一度お断りしましたが、クレオルの態度も曖昧でしたし、まだ諦めていなかったようです。

クレオル…付き合ってる人とか出来た?」
「あ………うん。実は、最近告白されて…付き合う事になったんだ…」
「そう…なんだ…良かった、じゃない…」

サビーヌちゃんは、言葉とは裏腹に哀しそうな顔をしています。たいていのNPCは、一度告白を断るとそんなに熱心に誘いに来なくなります。ですが、中には毎日誘いに来る人もいます。きっと、相性も好感度もかなり高かったんでしょうね。

「ずっと、想っててくれてたのに、本当にごめん…」
「……あ~あ…せっかく、玉の輿に乗ろうと思ってずっとクレオルの傍に居たのに!残念だわっ!」
「サビーヌちゃん…」
「精々、その彼女さんと仲良くすればいいわよ!」

サビーヌちゃんは、そう言って走り去って行きました。

「本当、サビーヌちゃんを好きになれば、良かったよ…」

何でずっと自分を想ってくれたサビーヌちゃんではなく、素っ気ないイヴォンヌさんを好きになってしまったのだろう…

クレオルはその場に佇んだまま、服の袖をぎゅっと握りしめました。サビーヌちゃんは、不器用な性格なので、こんな態度を取ってわざとクレオルに気を使わせないようにしそうな気がします。

仲良しのジョフレ君にサビーヌちゃんを紹介してみました。サビーヌちゃんからすれば大きなお世話かもしれませんが、新しい恋を見つければ、彼女だって幸せになれるはず!

f:id:denosjours:20170613120502p:plain
ですが、ポーカーフェイスで落ち着いたジョフレくんは、冷静に考える人のようでした(^^;というか、なんでクレオルは水を差すような事を言うんだろ。普通に紹介して終わってれば良いのに(-_-;)やっぱりサビーヌちゃんを取られるのが嫌なのかな?(笑)